忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

が主役の映画、『初恋』を新宿武蔵野館で観てきました。

相当久々に、姉と共に。(二人で記憶を遡ったら、『ターミネーター3』以来なのではないかと判明)


あまり期待しないにしようと思いながらも、見たい気持ちが非常に強かった映画なので「どうなるかなぁ」と思っていたのだけれど、全くの杞憂だった。切なくていい話であった。宮崎あおいが演技の上手な子で本当に良かった。彼女扮する主人公がバイクに乗れるようになってから毎日バイクを走らせていることを表す短いシーンがあったのだけれど、その時の宮崎あおいが本当に可愛くて。断続的とは言えど大画面で2時間観続けるのなら、やはり綺麗であったり可愛い女優さんの方が嬉しいよなぁ、と、つくづく思った。
あと、主人公の少女の、まさに『初恋』の相手となる役を最近出てきた「小出恵介」という新人が演じていたのだが、聡明で陰のあるこの役をやるにしては多少目がクリっとし過ぎていた部分はあるにせよ、なかなか良い横顔と良い声でやり切っていた。今までずっと安っぽいイメージが抜けなかったものの、少なくともこの作品の邪魔にはなっていなかったようだ。あとどーでもいいけど、私が高校時代通学途中の電車内で見たことのある、柄本明の息子が出ていた。彼は、学生運動が起こっていた頃の時代を描いている映画を観ると必ずと言っていいほど出ているので、今や無くてはならない昔顔の若手役者として重宝されている(のか?)のだろうなぁ、などとぼんやり思う。
それにしても、少女がいよいよ三億円を盗みに行く下りでは仕組んだように大雨でぬかるんだ土にはまったバイクはうまく発車せず、前のトラックからビニールシートは飛んでくるわで、緊迫感ピーク時には信じられないほど自分の心臓がバックバク鳴っており、我ながら笑えた。

話は変わり、今日携帯からWILLCOMEに替えました。電波悪し。
でも、これでやっと「You're welcome!We're WILLCOME!!」が心置きなく使える!!

通話はWILLCOME同士だと無料、メールにおいては他社にもPCにも関わらず全て無料なのよー。
もう全国民がWILLCOME持ちゃあいいのになぁ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ARATAと共演した「青い車」は「大好きな姉の恋人を寝取ってしまう女子高校生役」で、その姉が事故死するという結構イタい話ですが……って縁起でもない話ですいません。
<a href="http

原作はよしもとよしとも(「吉本良明(りょうめい)」って名前がビミョー)、「レッツゴー武芸帖」について暑苦しく語りたい所ですがばっさり省略。
<a href="http
バルタン星人 2006/07/28(Fri)07:11:00 編集
無題
つうか、ターミネーター3を劇場で観てるのか。
はやし 2006/07/29(Sat)03:42:00 編集
無題
バルタン星人さん、全然いいですよー。むしろ「青い車」バッチリ観てます。ARATA好きとしては、あの役がARATAである必要性というか、「ARATAにこの役かぁ」という感じがしたものですが、宮崎あおいとはなんだか合っている気がしました。

で、よしもとよしともの名前はそういう由来なんですね!しかもこんな色々出しているとは。彼の作品はまだ未体験なのですが、どうなんですかね?
希更 2006/07/30(Sun)04:35:00 編集
無題
あれよあれ、タダ券があったからさ。

無駄に迫力あって、お姉ちゃんがなんでもないシーンでイスから浮くほど驚いてたことのみ覚えてる。
希更 2006/07/30(Sun)04:44:00 編集
無題
原作っても短篇ですから映画とは別物、とは言いつつARATAは結構はまっているというか..怒られるかもしれませんが消去法でいくと他にリチオにイメージ出来る男優がいないんですよ。(少なくとも小出恵介には絶対無理)逆に「宮崎あおいがこのみかよー」って思いましたが結果ヨシですね。麻生さんは「不幸な女」「劇中で必ず死ぬ」って所がハマリ役ですけど、最近は「時効警察」でオダギリジョーと「セーラー服変態ラブコメ」やっているんでちょっとビックリです。(あ、当然良い意味でビックリです)
よしもとよしともの本は参照URLにもありますが入手難で私も「青い車」は現在は手元にありません。というか同居人が勝手に自分の漫画と一緒にブックオフで売りとばしてしまい、その時は一週間くらい口をきかなかったというヤな思い出があります。
バルタン星人 2006/07/30(Sun)18:43:00 編集
無題
そうだったんですか!いやいや怒りませんよー。というか私も観てからだいぶ日が経ってるので、ちょっとまた観直してみようかなと思ってます。その前に、原作がなんと近所の古本屋で売られていたので、まだあったら買って読んでみます!麻生久美子は、かなり幸薄顔ですよね。彼女がやたら支持されているのは、世の「幸薄顔好き男」達に因るところが大きいと勝手に思っているのですが・・・。とりあえず、小出恵介はなんにせよ色々と無理でしょう。(小出よごめん)
ところで、同居人の方なかなか酷いですねー。いくら家族であったりしても、人の本を売り飛ばすなんてちょっと許し難いですよね。三谷幸喜もよく小林聡美に勝手に自分の本を売られているらしく、それを聞いて「信じられん」と驚いたものです。(ちなみに、三谷幸喜はその本達を「売られてしまった自分の本」とは知らずに再び古本屋から買ったりしていたらしい)
希更 2006/08/01(Tue)12:30:00 編集
無題
今日の朝日の夕刊で季節ネタというか「ひまわり」の話であの名画とならんで、みうらじゅんにそっくりな行定勲(ゆきさだいさお)監督の同名映画が紹介されてましたが、この映画、冒頭でいきなり主役の麻生久美子が海で溺れて死ぬんですよ、記事にある「淡い初恋の思い出」なんてとんでもない。で、葬式の席で関りのあった男たちが回想するんですが、この辺はわりと平板、結局何故死んだのか、何故不幸だったのかの説明は最後までない。「とにかく可哀想な子だった!」で押し切るわけですが、ある意味ではすごく説得力はありますね麻生さんは。(同じ行定監督の「贅沢な骨」だといきなり火葬場で骨になって出てくるし)
溺れて海底に沈んで行くシーンで衣装の下にダイバー用の重りをつけて撮影したら計算違いで物凄い速度で沈下して「死にそうになった」とインタビューで言っていました。でも結局そのシーンは編集で切られてしまった..というくらい不幸な人ですね。(w
小林聡美もたぶんうちの同居人とおなじで「モノ」に対するフェティッシュな欲望が希薄なんじゃないでしょうか。「本は読み終わったら処分すればいい」みたいな過激な合理主義というか。
バルタン星人 2006/08/02(Wed)22:02:00 編集
無題
確かに行定勲はみうらじゅんだ・・・。

あっ、結局「青い車」買い、映画も再び借りてきちゃいました。原作と併せて観てみて、なるほど、こりゃARATAだなーと思いました。ほぼサングラスをかけたままの演技であんな風に映画の中に存在しきれるのが凄い。小出恵介には無理でしょう。
それで麻生久美子、どんだけ不幸なんでしょう・・・。重りの話、海に物凄い速度で沈下していく画を想像すると笑えますが、かなりヤバイ事態ですよね。自分が女優じゃなくて良かった。
本は読み終わったら・・・きっとそうなんでしょうね。なんだか、小林聡美みたいな人がいっぱいいるから全国の古本屋が成り立っている気さえしてきました。
希更 2006/08/08(Tue)03:58:00 編集
無題
あ、原作御覧になりましたか、その上というか、みうらじゅんネタにまでお付き合い戴いて感謝します。
リチオはサングラスで「顔を隠している」ので(フィジカルに「小顔」じゃないとダメってのもありますが)セリフも少ないし芝居としては難しいですが押し切ってますよね、最後まで。
「ひまわり」のつづきで、死んだはずの麻生久美子を探しに海にボートを繰り出すシーンがあるんですが、監督インタビューで「カメラを回しているうち、気がついたら足の立たない所まで」出てしまって助監督(女性)が溺れていたらしく「人が溺れるのを初めて見た」とか言ってました。下手したら死人が2人でたかもしれない「ホントにひどいやつだなー、行定勲」です。
あと希更さんが「三谷幸喜好き」なら申し訳ないのですが、「THE 有頂天ホテル」は余りに凡庸、でもオダギリジョーはすごい、本人が「キレた役、ヘンな役」が大好きなんでしょうけど、物凄く入れ込んでいて彼の場面だけは爆笑しました。
バルタン星人 2006/08/09(Wed)12:08:00 編集
無題
いやーみうらじゅん似には普通に反応しちゃいました。
確かにあのサングラスってかなりでかく見えたけど、実はARATAが小顔だっただけなのかもしれませんね。もともと彼の顔は線で描いたような作りなので、原作のリチオともだいぶ似ていて驚きでした。
そして行定勲、どこまで恐ろしい男なんだ・・・。二人もの人(しかも女性!)を恐怖のどん底に追いやってまで撮った作品、果たしてどんなもんなのかとちょっと観たくなってきました。実は私、行定作品を観たことない人でした、今作品調べてみたら。「GO」は面白い面白いと聞いてたものの結局まだ観てないし、「世界の中心で〜」は興味すらなかったし・・・。
あ、三谷幸喜好きではないので大丈夫ですよー。「THE 有頂天ホテル」は、オダギリが出ていると知りつつも観る気しなかったですね・・・もう香取慎吾が出てる時点で。でも、オダギリジョーが関わっている作品は全て制覇しようと目論んでいるので、オダギリの場面にだけお金払うつもりでいつかは観ますよ〜。
しかしホント、「キレた役、ヘンな役」は喜んでやってますよね、彼。初めて「オダギリジョー」を知ることとなった「嫉妬の香り」というドラマでは、もう完全なる「異常者ストーカー」の役で、これ相当キてました。
希更 2006/08/12(Sat)06:23:00 編集
無題
同じく「オダギリコンプリート」を目指している同居人の説によると「〜ホテル」のオダギリはスティーブ・ブシェミ狙いじゃないかということです、髪型とか特に目の感じが。
<a href="http
三谷+香取っていかにも人畜無害というか毒がないというか、オダギリの盟友三木聡(「イン・ザ・プール」「時効警察」の監督)がコメディについて「散々下らないことをやっておいて最後に『やっぱり人間は素晴らしい』みたいな落とし方をするのは物凄くムカつく」と言っていましたけど、激しく同意。
「嫉妬の香り」観ているというのはマジすごいなぁ、あれビデオ化されてませんからね。
バルタン星人 2006/08/21(Mon)06:34:00 編集
無題
あっ、ホントだ!おでこ面積も似ている・・・!これは果たして三谷幸喜の戦略なのか?気付いた同居人さんもすごいですね。
三木聡、言いますねぇ。でもホント、「ムカつく」って感情がピッタリ。そーいうシナリオに、あの香取慎吾の「ゾッとするような演技」がくっつくと、もう無敵というかなんというか。
うわー「嫉妬の香り」ビデオもDVDも出てないのかぁ・・・最近、母と『折半で「嫉妬の香りDVD BOX」を買おう!計画』を立てていたのに、残念でたまりません。ちなみにあれでオダギリに目をつけた母は私以上にすごいです。
希更 2006/08/26(Sat)02:44:00 編集
無題
スカパーやCATVで再放送やってるみたいですが、「『嫉妬の香り』を是非見たい」って人多いです、(お母様の慧眼には脱帽します)私も「サトラレ」くらいからですからエラソーなことは言えませんが、テレ朝は時々ケッタイなドラマやりますね。
某所で話題沸騰(w の「東京フレンズ」に出演した真木よう子が「昼メロの女王」桜井淳子とダブルゲストで「時効警察」に出た回がありますが、回想シーンでセーラー服の桜井淳子が同級生の真木よう子を絞殺するという「2時間サスペンス風味」のシリアスな芝居で(「顔に鼻毛を落書きされた」というのが殺意の引き金を引くというのも充分バカバカしいですが)、セーラー服もオカシイけど、櫻井淳子の顔のアップで鼻の下にサインペンで鼻毛が描いてあるという「バカボンのパパか、お前は!」っていう凄い絵で、あまりの破壊的な下らなさに硬直してしまいました。「命の大切さを愚弄している、許せない!」って朝日新聞に投書するような人は最初からこんな番組視てないから「やり逃げ」ですけど。
真木さん「ゆれる」ではオダギリの同級生で「女29歳、切羽詰まってます」って役どころでしたが、野暮を承知で「実年齢はおいくつぐらいか」と気になりました。
バルタン星人 2006/08/27(Sun)19:50:00 編集
無題
「嫉妬の香り」を観ずしてオダギリ好きを名乗っている人は、まぁ明らかにそっちの方が圧倒的に多いんですが、どうも「もぐり」な気がしてなりません。「オダギリジョーの真髄ここにあり」と言っても良いほどのモノですよ、あれは。たまげます(ドラマの内容にも)。「サトラレ」はめっちゃ良かったなぁ〜・・・。最近鶴田真由見かけませんね。あの役を見て、良いなと思ってたのに。
バルタンさん、内容すごい詳しく覚えてますねー!私も「時効警察」は全話録画してはいたのですが、最近見直す機会がないのでところどころ忘れかけてます・・・。そしてあの鼻毛の犯人役、真木ようこだったんですね。彼女はまだ今年24歳なのに、三十路直前女の役を・・・しかも切羽詰った。老け顔の運命なのでしょうか。しかし「ゆれる」観たなんて羨ましいなぁ。私は結局劇場ではお目にかかれないまま、1ヶ月の高飛びへと出発です・・・。
あ、そういえばその例の桜井淳子が主人公の回、私エキストラ行ってきたんですよ。桜井淳子の講義のシーンで、後姿だけ堂々と出演させていただきました。撮影中に見た生オダギリは、「我が人生に悔い無し!」と思わされるには十分なほど、美しい、完璧な姿でした。
希更 2006/08/31(Thu)05:01:00 編集
無題
おおっと、エキストラで出ていらっしゃったんですか、すごいなぁ。「ミー・トゥ」で「オイラー(の法則)霧山修一郎」って寒いギャグかますシーンですね。DVDのコメンタリーでオダギリ、麻生両氏が「沢山集まってくれて凄く緊張した」と言ってましたよ。
「嫉妬の香り」は同居人が見つけた「オダギリ偏愛サイト」
<a href="http
にデーターが上がっていました。「へもへも」な「ほんじょ」は結構好きなんですがボロクソに言われてますね。
同サイト情報ですが「時効〜」の一話で麻生久美子が真っ赤なミニドレスで
♪「あったらしーいパンツはいて〜ぴょん!」って変な芝居しますが(「青い車」を思い出して「麻生さん、ホントに跳んだな」と感慨にふけりました)、あれは「仮面ライダー・クーガ」の女戦士のキャラらしいです、いやー勉強になりました。(w  あと、このサイト当然ながら「勝手にしやがれ」情報満載。
「時効〜」の真木よう子ですが殺害シーンの前にもスナック?で
♪「なーんとか、かんとかで....最後に猿が勝つ」って出鱈目カラオケ(爆笑)を唄っている女子高校生です。
「パッチギ!」にもキョンジャの兄貴(番長)とつるんでるツッパリ朝高生の役で出ていますし、なんでもオッケーな人ですが、やっぱ本命はこれでしょう、「ベロニカは死ぬことにした」、たぶん、お帰りになる頃にはDVD出てると思います。
<a href="http
真木さんひょっとして「大化け」するかもしれません、いや是非してほしい。私も「『時効〜』の真木よう子見てないの、もぐりじゃん」とか言ってみたい(W
バルタン星人 2006/08/31(Thu)20:41:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
It's time...
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[02/24 希更]
[02/17 仙台のオンニよん]
[02/01 希更]
[01/31 ちびすけ]
[01/31 希更]
プロフィール
HN:
希更
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
TSUBO